3カ月で韓国語が聞き取れるようになる方法

最終更新日

Comments: 0

はじめに

こんにちは!こんばんは!この記事では、私が韓国語の学習を開始してから、聞き取れるようになる3カ月間に行った勉強についてシェアさせていただきたいと思います!韓流ドラマを字幕なしで見れるようになりたい方、K-popが聞き取れるようになりたい方、日韓カップルで、彼氏、彼女と韓国語で話したい方、などなど、あらゆる理由で、韓国語を始めようとしている全ての方に参考にして頂ければと思い、この記事を書かせていただきました!

聞き取れるようになる

タイトル上で、聞き取れるようになれるという表現をしたのですが、この時の私のレベルについてもう少し詳しく説明させていただくと以下のようになります。

・日本人の韓国系ユーチューバーの動画が字幕なしで聞き取れるようになる
・K-popアイドルの会話の多くを聞き取れるようになる
・ドラマや芸能番組を半分ほど聞き取れるようになる
・生活に必要最低限の言語が、口から出る状態

またスピーキング力に関しては、この段階では、実際に会話の機会はあまりなかったので、計るのが難しいですが、独り言やシャドーイングなどで喋る訓練はかなりしており、簡単な言い回し、短い文章などは口からできくる状態でした。恐らく日常的な質問を理解し、簡単な応答を、短い文で答えることが出来る水準だったと思われます。

参考にしていただける方

参考ばかりに、この3カ月というのは、とにかく韓国語の勉強に打ち込んでおり、一日最低4時間は勉強に充てていました。

なので、一日4時間の確保が難しい場合は、上で挙げたレベルになるまで、3カ月よりもう少し長めの期間で見積もっていただければと思います。

やったこと

  • 1時間でハングルが読めるようになる本
  • 文法書
  • 初級から上級まで役立つ完全マスターハングル単語
  • 初級から上級まで使える完全マスターハングル会話
  • Youtubeで韓国コンテンツを見る

1時間でハングルが読めるようになる本

まず、これは私が韓国語に触れる一つのきっかけになったものです。そちらについて、こちらの記事をご覧ください。

以前の記事でも述べたように、韓国語は決して簡単ではありませんが、ハングル(韓国語で使われている字)というシステム自体はとても、合理的に出来ていて理解しやすくなっています。それを、さらに出来るだけ理解しやすくまとめてあるのがこの本です。もちろん、文法書などにも、ハングルのシステムが載ってることもあるし、それでも学ぶことはできますが、それに入る前に、この本を先に読んでおくと、理解の部分でもかなり楽になります。なので、こちらを先に読んでおくことをお勧めします。

文法書

最初に、初級者向けの文法書を1か月ほど繰り返して行いました。私が使ったものに関しては、古本屋で買ったかなり前の出版のもので、今は手元になく、名前を忘れてしまったためご紹介できませんでした。。。

ですが、初級向けの文法書でしたら、どれを取っても大差は無いかと思われます!ビジュアルや、説明の分かりやすさなど、いろいろ比べてみて、自分に一番合いそうなものを手に取ってみてください。

私は、この文法書を最初の1カ月間はとにかく繰り返し、基礎的な文の枠組みが体に染みつくまで繰り返しました。具体的な方法としては、簡単でまず1周行って、まだ理解が浅い部分を中心に2周目を行いました。ここでいう、理解した、の意味を定義するなら、その文法について説明することが出来、かつ簡単な例文を自分で作ることが出来るというものです。また、それと同時に、付属してたCDも聞き取れないところがなくなるまで、何回も聞きました。

とにかく、これを最初の1カ月間はこれを繰り返しました。この部分は土台作りのかなり重要な部分なので、短期間に負荷をかけて徹底的にやりこむことをお勧めします!

*強いてお勧めするならば、こちらをお勧めします。(個人的にこのシリーズが好きなので)

初級から上級まで役立つ完全マスターハングル単語

1か月間、文法書を行った後、2カ月目からは、単語、会話の参考書をそれぞれ行いました。まず、単語はこちらの、初級から上級まで役立つ完全マスターハングル単語を行いました。

実際、初級の単語に関しましては、文法書を行った際にある程度、カバーできていました。さらに、語彙力を上乗せし、会話レベルまで持っていくのにこの本がかなり役に立ちました。タイトルの通り、上級レベルの単語だけでなく、初級単語に関してもカバーしているので、文法書を行う際に覚えた単語の復習をしつつ、新しい単語も覚えることが出来ました。

ちなみに、個人的にはタイトルにこうありますが、初級から上級までは確かに役立てることはできますが、初級から上級単語までこれだけで事足りるという感じではなさそうです。個人的には、中級レベルの単語までは、これ1冊だけでこと足りる気がします。

初級から上級まで使える完全マスターハングル会話

ここで紹介した中で、個人的に一番ためになったと感じたのが、これです。完全マスターシリーズは比較的どれもいいと思ったのですが、これはダントツで一番だと思います!

基本的な文法や単語を覚えたら、次は実際にそれらがどのように使われているのかを知り、パターンとしてインプットする必要がありますが、かといって、この段階で芸能番組などを見ても、??となってしまうでしょう。

この本では、比較的簡単な言い回し、かつ日常的にかなり使われている表現をインプットすることができます。学んだ文法や、単語がどのように使われるのかも把握でき、何よりそのまま丸ごと使いまわせるものが多いのでかなり便利です!!

どの言語でも、初心者の時は、頭の中でフレーズが思い浮かぶものの「これ言ってみたいけど、この言い回し合ってるのかな?。。。」と確信が持てないことが多くあります。なので、この時期には、ある程度、サンプルのフレーズをストックしておくことが重要です。

サンプルのフレーズは100%正解だとわかっているので勿論そのまま使うこともできますし、応用を聞かせることもできます。

また、自分で文を作る際の、判断基準にすることが出来るのです。これについてもう少し簡単に説明させていただくと、こういうことになります。

①文、フレーズを頭の中で作る

②この言い回し、合ってるのかな?

③ここで(ストックしているサンプルフレーズ)こういってるし、構造も同じだから、こうも言えるはず!

④確信

⑤口に出す

この判断が、瞬時にできるのと、いちいち調べなくてはいけないのでは、会話力に雲泥の差があります。そういった意味でも、最初のサンプルフレーズのストックは重要なのです。

私は、この本に附属しているCDを全て聞き取れるようになれるまで聞き続け、とにかく口に出し続けるということをひたすら続けました。

通学の電車内、空きコマ、バイトへの移動時間、ととにかく暇さえあればずっと聞いてました。


また、もう一つこの本のいい点としては、日本語から引くことが出来るので、日本語で言いたい表現が頭に浮かんでおり、韓国語でどういえばいいか分からない時にすぐに調べられます。

Youtubeで韓国コンテンツを見る

今の時代、もはや語学学習に欠かせないといっても過言でないのがこのYouTubeで、韓国語の勉強にも、もちろんたくさん活用しました。

とはいえ、この段階で、芸能番組やドラマを見るのはまだ難しいでしょう。
自分はこの段階では、主に日本人の韓国系ユーチューバーや、K-popアイドルの字幕付きショートクリップ動画などを参考にしていました。

アイドル同士の会話というのは、芸能番組やドラマほど難しい単語が出てこない、かつ若い世代が使う言い回しなどを知れるので、実は学習の宝庫なのです!

さらに、可愛いし、かっこいいし、モチベーションも倍増です!(笑)

正直、どのコンテンツを見るかは、人それぞれではありますが、いかに語学をゲーム化させ、楽しめるかの大きくは、この部分が関係していると個人的には思っています。なので、この段階で、自分が夢中になれる韓国語のコンテンツをできるだけ多く見つけておくといいでしょう。

まとめ

以上のような方法で、3カ月間学習を繰り返していく内に、いつの間にか、韓国語が聞き取れるようになりました。感覚としては、ある日突然聞き取れるようになるのではなく、気づいたら「あれ、聞き取れる!!」というような感覚だったと記憶しています。なので、最初は全然聞き取れなくても落ち込まず、土台作りのために、とにかく量をこなすことに集中しましょう!そうすれば、結果は後からついてきます!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


isamu

慶應義塾大学の4年生。韓国ソウルで短期留学を経験。イギリスのウェストミンスター大学で学部留学をするために、卒業を一年延長を決める。→予定していた留学がコロナにより中止→4月から急遽就活を始める→1か月で内定 英検1級、TOPIK6級(韓国語)を保持しており、英語と韓国語を同レベルで使用可能。 現在は、マーケティングを勉強しながら、GJJ海外就職デスクでインターン生として活躍中 グローバルな生き方で、人に影響を与えたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする