独り言のすすめ~外国語学習法

最終更新日

Comments: 0

こんにちは、こんばんは!今日は、英語だけでなく、すべての言語学習に有効な独り言についてお話しさせていただきたいと思います!多くの人が取り入れている方法で、私自身も常用しているアウトプット型学習方法です。

外国語で独り言

やり方は簡単で、一人でいる時に、独り言を学習している外国語で全て言ってみます。このやり方は、比較的、初心者から上級者までどのレベルの方でも、どのレベルの方でも有効なやりかたです。
※外でやるときは、変な人に間違われないように、周りに人がいないことを確認する、もしくはイヤホンをして電話をしているふりをするなど、工夫が必要です。

効果

どれだけ自分が知らないかを知ることが出来る

まずは、身近で自分が普段日本語で言うであろうことを、その言語で言ってみることから始めます。そうすると必然的に、「あれ、これなんて言うんだろう」っといったものに遭遇するはずです。そうすることで、まずは”自分がどれだけ知らないか”について知ることが出来ます。見て理解できるものの、自分の口からは出てこない単語なども、どれだけ多いのか知ることが出来るでしょう。

そのあと、その表現について、調べてみます。そして、この過程がとても大事です。前の記事でも言ったように、ある表現が分からなくて、自分から積極的に調べたものは、単語帳などを見て受動的に取り入れたものより、何倍も記憶に残りやすいのです。そして、これを繰り返していくことで、自分の表現が出来る幅を少しずつ増やしていくことが出来るのです。

(詳しくはこちらの記事にて↓)



例えば、極端な例でいうと

これはりんごです、と言いたいけど、リンゴって英語って何て言うんだろう?
This is an~…

調べてみる

あ、なるほど、appleっていうんだ!

This is an apple.(実際に言ってみる)

この過程を繰り返していくことで、言える表現を増やしていくのです。

本番のためのリハーサル

実際に、その言語で誰かと会話する機会を本番とするならば、独り言はその本番のためのリハーサルと呼ぶことが出来ます。また、どんな人でもリハーサルなしに本番を成功させることは不可能です。相当極端に言えば、野球の練習をせずに、プロ野球選手になれない、ピアノの練習をせずにピアニストにはなれないのと同じことです。

また、口にしたことが一度もなく、自分にとってなじみのない文章は、本番でいきなりスラスラと話すことはできません。

  1. 全く出てこない
  2. 日本語を介して、時間をかければかろうじててくる
  3. 少し考えればでてくる
  4. 無意識的に出てくる 

実際に会話の際、したい表現があるときに、自分がどれだけ、その表現を口にしてきたかによって1~4のどれにあたるかが決まってきます。考え付いたこともなく、一言も発したことがない表現に関しては、せいぜい1か2、上級者の方だとしても3はありえても、4はまずないでしょう。

会話をする際に、1,2ばかりであれば、スムーズな会話を成り立たせるのは困難でしょう。独り言によるリハーサルを何回も積み重ねていくことで、4、最低でも3の表現を増やしていくことが出来るのです。本番において、使えるといっていい表現は3以上の物だけです。

頭で考えるだけではダメなのか?口に出さなきゃいけないのか?

と考える人もいるかもしれません。自分の感覚から言うと、頭で考えるだけでも効果はある程度あります。頻繁に考えてることは、3にまでは持ってくることはできるでしょう。しかし、口に実際に出す、ことで遥かに高い効果を得ることが出来ます。理由は二つあります。

まず、頭で考えていることを言葉にすることがかなり難しいということは、母国語でも同じでしょう。口に出して実際にリハーサルをしていくことで、より自分をその表現に慣らすことが出来るでしょう。

また、口に出したことがない単語などは、いくら頭でわかっていても上手く発音できなかったりすることもあります。脳は理解していても、舌がその動きをインプットしていないため、初めて発する単語や表現は中々上手くいかないことも少なくありません。言語は、理解するだけでなく、体得してはじめて使えるようになるものです。そういった意味でも、口に出してのリハーサルは重要です。

まとめ

以上、私が行う外国語学習における独り言の活用の仕方と、その効果についてでした。少しでも参考にしていただければ幸いです。では、次の記事でお会いしましょう!



isamu

慶應義塾大学の4年生。韓国ソウルで短期留学を経験。イギリスのウェストミンスター大学で学部留学をするために、卒業を一年延長を決める。→予定していた留学がコロナにより中止→4月から急遽就活を始める→1か月で内定 英検1級、TOPIK6級(韓国語)を保持しており、英語と韓国語を同レベルで使用可能。 現在は、マーケティングを勉強しながら、GJJ海外就職デスクでインターン生として活躍中 グローバルな生き方で、人に影響を与えたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする