GJJ海外就職デスク オンライン飲み会 レビュー

最終更新日

Comments: 0

はじめに

先日、私のインターン先のGJJ海外就職デスクにて、”情報交換やコミュニケーションを通じて、緊急事態を乗り越えよう!!”、題して、オンライン飲み会という面白いイベントがあったので、今日はそれについてお話しさせていただきたいと思います。

オンライン飲み会

新型コロナウイルスによる、飲み会などのイベントが自粛ムードの中、オンラインで飲み会をし、各地の情報交換をし、この緊急事態を乗り越えよう!

という趣旨で開催されたイベントですが、インターンの私も途中まで参加いたしました。

コロナ疲れ、自粛疲れ

コロナによる自粛が続いており、リモートワークの毎日。飲み会もまともにできない中、やはり溜まっていたものがあった様子。


オンラインとはいえど、久しぶりにできる飲み会ということで、皆さんとても嬉しそうな表情をされていました。(笑)


日本時間の午後10時から始まり、なんと4時間も続きました!!

参加メンバー

参加された方の滞在先ですが、日本以外に、シンガポール、ベトナム、インドネシア、マレーシア、タイ、インド、ブラジル、ドイツ、ベルギー、イギリスなど、本当に様々!合計40人以上の方々が参加され、各国の貴重な情報を話してくださいました。

話題は、現地のリアルな話やマニアックな話まで

ドラマチックな展開も!?

なんと、飲み会に参加されていた転職活動中だったメンバーが、同じく参加されていた転職エージェントの社長さんにその場で、内定受諾の連絡をするという、ドラマチックなシーンもありました!

盛り上がりすぎて4時間も!?

感想

有益な情報

時期が時期なため、やはり各地のコロナ対応などの話題が中心になりました。

日本にいれば、入ってくる情報も偏ってきてしまいますが、ありがたくも、現地のそれぞれの生の声を聞くことができ、新たな気づきも多く、この現状をより客観的に見る材料になりました。どれもとても貴重で、リアルな情報でした。

海外滞在メンバーのたくましさ

参加者の皆さんのお話を聞かせていただいて、気づいたことは、このような困難な状況の中でも感じられた、海外滞在の皆さんのたくましさです。

それぞれ、難しい状況にあるにもかかわらず、冷静さを保ちつつも、このピンチをチャンスに変えようという余裕のようなものさえも感じられました。

なるほど、これが海外就職を成功させる人にある共通点か。。

皆さんのたくましさを見て、励みと同時に、自分への刺激にもつながるものも得た気がします。そんな、有意義なオンライン飲み会でした。では、今日はこれで失礼します。

isamu

慶應義塾大学の4年生。韓国ソウルで短期留学を経験。イギリスのウェストミンスター大学で学部留学をするために、卒業を一年延長を決める。→予定していた留学がコロナにより中止→4月から急遽就活を始める→1か月で内定 英検1級、TOPIK6級(韓国語)を保持しており、英語と韓国語を同レベルで使用可能。 現在は、マーケティングを勉強しながら、GJJ海外就職デスクでインターン生として活躍中 グローバルな生き方で、人に影響を与えたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする