大学生がほぼ独学で韓国語を勉強し、1年半でTOPIK6級を取得するまで!【後編】

最終更新日

Comment: 1

はじめに

まずはじめに、この記事は前回の記事の続きとなりますので、まだ前編をご覧になってない方は、こちらからどうぞ。

TOPIK5級合格と短期留学の決意

そして2019年に入ります。ちなみにこの時はまだ、4年で大学を卒業し、新卒で日本で働くという手段を完全に捨ててはおらず、まだ就活を続けていました。また当時ある程度でに交流会に出たり、友達と遊んだりということを通して、定期的に韓国語を使っている状態でした。「就活で使えたらいいな~」という思いや、力試しの意味合いを含めTOPIKという韓国語能力試験の受験を決め、それに向けて勉強を始めました。

ちなみに、ハングル検定試験が日本でのみ開催され、日本人のみを対象とした韓国語試験であるのに対して、TOPIKは韓国語の能力を計る指標として世界基準で用いられており、韓国の大学に入学する際や韓国で外国人が就職をする際に提出を求められることも少なくないありません。(各試験の特徴などについてはまた別の記事で書きたいと思います!)

そんな気持ちで初受験したTOPIKですがなんと、、、

5級に合格しました!!

(前の記事でも説明しましたがTOPIK6級が一番高く、5級は上から二番目の級です)

またTOPIKは得点により級が決められるテストなのですが、なんと6級までわずかあと7点という結果でした。


この5級合格とともに、かなり自信がつき、もっと上手くなりたい卒業までに6級を絶対取りたいという願望がわくとともに、短期でもいいから韓国にも留学したいという思いが芽生え始めました。

もちろん、5級まで取っていてその時点でもある程度の実力はありましたし、6級の取得に必ずしも留学が必要であるとも思いませんでした。

しかし、短期間だとしても実際に現地に住み、その言語を使って住む生活を経験することで、より更なる文化への理解も進み、また出会いを通した新たなひらめきや発見が出来るのではないといった、可能性を留学に見出しました。

また、韓国で大学を出ていない限り、日本人が韓国で就職することはかなり難しいです。(これについてもまた別の記事で書こうと思います)そういったことを踏まえ、まとまった期間現地で暮らす経験をすることが出来るのは大学生である今の期間しかない。

といった様々な感情が沸き上がり、2019年の8~9月の夏休みを利用して、ソウルにある延世大学語学堂で1か月間留学をしました。(語学堂は、すごく簡単に言えば、大学附属の言語学校のようなものです。)

延世大学の語学堂で1か月留学

早速留学生活が始まりました。
初日に実施されたプレイスメントテストの結果、なんと一番上のクラスに入ることが出来ました。

授業は、討論やプレゼンといったアクティブラーニング形式で、レベルはとても高く有意義なものでした。

毎朝9時からの授業はとてもしんどかったですが、(笑)それでも授業が楽しみだったので早起きも苦にならなかったです。(嘘です。2回くらい寝坊して遅刻しました、、)

また、毎日韓国語だけの生活をしてたので、1カ月とはいえど、伸びるスピードも日本で学習していた時とは、比べられないほどのものでした。(ルームメイトはアメリカ人で彼との会話は英語だったので、留学機関は全体を通して、日本語を使う機会はホントにほとんど無かったと記憶しています。)

授業外では、ルームメイトで仲良くなったたアメリカ人の友達と一緒にご飯に出かけたり、もともといた韓国人の友達に別の友達を紹介してもらい、みんなで遊んだりと充分すぎるといっていいほど充実して過ごすことが出来ました。

留学時についての詳しいことはまた別の機会に書こうと思います。

帰国後、TOPIK6級合格

帰ってきて、間もなくTOPIKを受けました。

生意気に聞こえるかもしれませんが、正直言ってあまり勉強はしませんでした。留学を通して伸ばした実力に相当な自信を感じており、6級に合格することを確信していました。

そして目標としていた6級に見事合格!!!!
(やはり作文はすごく難しかったです。。。)

今後について

何はともあれ、無事6級に合格しました。

今は、イギリス留学にむけて英語を勉強しているため特に韓国語は勉強おらず、維持するためにたまに交流会に出たりする程度です。

ビジネスで韓国語を使う機会を見つけるのはとても難しいです。

それでも、これから何らかの形で韓国に関わっていきたいと思っています。せっかく上級レベルまで身に着けた自分のこの第三言語を決して失いたくないという気持ちもありますし、日韓関係、日韓交流において自分がなにか出来るはずだという思いがあり、それを探し続けていくつもりです

また、ハングル検定の1級(めっっっっちゃくちゃ難しいです)をいつかは取りたいという気持ちもあるので、勉強もどこかのタイミングで再開する予定です。

長くなりましたが、このような感じです!最後までお付き合いいただきありがとうございました!!  

isamu

慶應義塾大学の4年生。韓国ソウルで短期留学を経験。イギリスのウェストミンスター大学で学部留学をするために、卒業を一年延長を決める。→予定していた留学がコロナにより中止→4月から急遽就活を始める→1か月で内定 英検1級、TOPIK6級(韓国語)を保持しており、英語と韓国語を同レベルで使用可能。 現在は、マーケティングを勉強しながら、GJJ海外就職デスクでインターン生として活躍中 グローバルな生き方で、人に影響を与えたい!

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする